エアコン取り付け作業の時間はどのくらいみておけばいい?

エアコン取り付け工事を業者に依頼する時、気になるのが取付けにかかる時間です。平日仕事で忙しい人はどうしても休日に工事を依頼するしかありません。せっかくの休日にエアコン取り付け工事をするとなると、他の予定を入れていいのかも迷うでしょう。また、工事時間が長引いたりしないかも気になるところです。実は、エアコン取り付け工事は思った以上に時間がかかる場合があります。エアコンの取り外し時間は短時間で終わることも多いですが、取り付け時間は設置に必要な追加作業など発生してしまうと、長くかかることが多いです。今回は、エアコン取り付けの際に知っておきたい内容をご紹介します。

エアコン取り付け工事の所要時間

エアコン工事を請け負う業者やエアコンの機種によりますが、一般的にエアコン取り付け工事にかかる時間は、エアコン1台で1時間から2時間程度です。この時間は、基本の標準工事にかかる時間です。標準工事の内容としては、配管パイプの穴あけ、室内機と室外機の設置、室外機と室内機の配管パイプでの接続、真空引き作業、そして最後に問題なく運転できるかのテスト運転までで完了です。配管パイプの穴あけは、マンションなど賃貸住宅の場合であれば、エアコン用の穴が最初から設置されていることが多いですが、戸建てなどであれば新たに穴を空ける必要があります。真空引き作業というのは、室外機の内部を真空状態にすることです。内部に空気や水などが侵入すると冷房が効かなかったり、コンプレッサーの故障原因となったりする可能性がありますから重要な作業です。また、エアコンを買い替えたり、引っ越しなどで移設したりするのであれば、取り外し作業も発生します。この場合、エアコン1台あたり30分程度時間がかかります。エアコンを1台買い替える場合、古いエアコンを取り外して、新しいエアコンを取り付けるのに、1時間半~2時間半程度を見ておけばよいということになります。

エアコン取り付け工事の日は予定をいれないほうがよい

エアコン取り付け工事の標準工事は、1時間半程度で終わりますが、家の状況によっては、標準工事の内容だけでは、エアコンの取り付けが難しい場合があり、追加工事が発生してしまう場合があります。追加工事が発生してしまうと当然、時間もかかりますので、1時間では終わりません。追加工事が発生するケースは、いくつかあります。よくあるのは、室内機と室外機の設置場所が1階と2階で、4ⅿ以上距離が離れている場合、配管を延長する作業が発生します。また、室外機を家の外側に設置できない場合、天吊りや屋根置き、壁掛けにする必要があります。そして、オプション工事でも追加作業が発生します。エアコン専用コンセントがない場合は、コンセント開設作業が必要ですし、配管の見栄えが気になるのであれば、化粧カバーの設置が必要です。このように家の状況やオプションなどによって追加工事が発生する場合があり、時間もそれだけ多くかかりますから、エアコン取り付け工事の日はなるべく予定を入れないほうがよいでしょう。

エアコン取り付け工事は、標準工事で問題なく終われば、1時間ほどで終わることもありますが、トラブルがあった場合やオプションを追加すると時間がかかってしまいます。また、エアコン取付業者のほとんどは、時間指定での工事を受け付けしていません。これは当日になって追加工事が発生することも多く、時間を想定するのが難しいからです。こういったことからも工事当日は余裕をみて他の予定を入れないようにしたり、エアコン設置にあたって事前に不安なところがあったりすれば、エアコン取り付け業者に相談してみるのもよいでしょう。