エアコン取り付けをDIYで。その方法と、メリットデメリットを解説します

エアコンエアコンを買い替え引っ越しして新居に取り付ける際、気になるのが取り付け料金ですね。新規で購入する場合、本体価格だけなら予算内だけれど、取り付けも含めると高いと感じることもあるでしょう。引っ越しの場合も、ただでさえ何かと費用のかかる引っ越し、自分でできることは自分でやって出費を抑えたいですよね。少し電気工事に心得のある人なら、エアコン取り付けも自分でやってみようかなと思われるかもしれません。実際、業者に依頼せず自分で工事をすることは可能ですし、資格なども必要ありません。このサイトでは、DIYでエアコンを取り付ける際に必要なものと流れ、またDIYで取り付けるメリットとデメリット、最後にDIYで作業すると安くつくのかどうかを説明します。

DIYで取り付けるのに必要なもの

DIYでエアコン取り付けを行う際に必要なものは、作業環境によっても異なりますが、ドライバー、ペンチ、モンキーレンチ、六角レンチ、スパナ、パイプベンダー、トルクレンチ、電動ドリル、真空ポンプ、脚立、パイプカッター、フレアツール、コアドリルです。普段から電気工事に関わっている人でなければ、家庭用の工具の中には含まれないものもありますが、すべて買いそろえなくてもレンタルすることができます。その他に、業者に依頼する場合であれば持ってきてくれる部材として、配管パイプ、ドレンホース、プラブロック、化粧カバー、配管テープ、貫通スリーブ、エアコン配管用パテ、電線、ボードアンカーも購入して用意する必要があります

取り付けの流れ

まず、説明書をよく読み、手順を確認しましょう。その後は、壁に背板を取り付ける→配管の設置→室内機を背板に取り付ける→室外機の設置→配管や配線の接続→ポンプを使い配管内の空気を抜く(真空引き)→ガスが漏れていないか確認→ガスを開放する、という流れになります。

DIYで取り付けるメリット

専門業者に依頼せず、自分でエアコンを取り付けるメリットとしては、業者を選択して見積もりを取り日時の予約をするといった手間が必要がないことが挙げられます。特に引っ越し繁忙期は、希望の日時に取り付け作業をしてもらうことが難しいこともあり、休日に自分でつけてしまいたい人もいるでしょう。また、料金は道具代だけで済むことや、知らない人を家に上げたり、エアコンクリーニングなどについてとやかく言われたりしたくないという人にもメリットがあると言えます。

DIYで取り付けるデメリット

DIYで取り付けるデメリットとして、一番大きいのは、工事がうまくいかなかったりその後不調が出たりしてもすべて自己責任であり、保障がないということです。そして、一度自分で工事してしまうと、同じエアコンをその後業者に依頼して作業してほしいと思っても断られることも多いので覚悟が必要です。また、当然のことですが自分で作業する手間と時間がかかります。

DIYだと安くつく?

上述のメリットとデメリットを踏まえた上でDIYで行う場合、では、実際にDIYだと業者に依頼するより安くつくのでしょうか?普段から電気工事を行っている人ではなく、一般的な家庭用の工具しか持っていない人であれば、大まかに言って機材のレンタルに9000円程度かかり、その他に配管パイプやドレンホースなどの部材が6000円ほどかかります。そうすると、合計で15000円程度かかりますから、業者に依頼するのとあまり費用が変わらないということになります。しかし、引っ越しで複数台一度に設置する場合であれば、機材のレンタルが一度で済みますから、合計すると安くつくことになります。メリットとデメリット、DIYの場合にかかる費用を勘案して、後悔のない納得いく方法でエアコンを取り付けましょう。