エアコン取り付け作業の時間はどのくらいみておけばいい?

エアコン取り付け工事を業者に依頼する時、気になるのが取付けにかかる時間です。平日仕事で忙しい人はどうしても休日に工事を依頼するしかありません。せっかくの休日にエアコン取り付け工事をするとなると、他の予定を入れていいのかも迷うでしょう。また、工事時間が長引いたりしないかも気になるところです。実は、エアコン取り付け工事は思った以上に時間がかかる場合があります。エアコンの取り外し時間は短時間で終わることも多いですが、取り付け時間は設置に必要な追加作業など発生してしまうと、長くかかることが多いです。今回は、エアコン取り付けの際に知っておきたい内容をご紹介します。

エアコン取り付け工事の所要時間

エアコン工事を請け負う業者やエアコンの機種によりますが、一般的にエアコン取り付け工事にかかる時間は、エアコン1台で1時間から2時間程度です。この時間は、基本の標準工事にかかる時間です。標準工事の内容としては、配管パイプの穴あけ、室内機と室外機の設置、室外機と室内機の配管パイプでの接続、真空引き作業、そして最後に問題なく運転できるかのテスト運転までで完了です。配管パイプの穴あけは、マンションなど賃貸住宅の場合であれば、エアコン用の穴が最初から設置されていることが多いですが、戸建てなどであれば新たに穴を空ける必要があります。真空引き作業というのは、室外機の内部を真空状態にすることです。内部に空気や水などが侵入すると冷房が効かなかったり、コンプレッサーの故障原因となったりする可能性がありますから重要な作業です。また、エアコンを買い替えたり、引っ越しなどで移設したりするのであれば、取り外し作業も発生します。この場合、エアコン1台あたり30分程度時間がかかります。エアコンを1台買い替える場合、古いエアコンを取り外して、新しいエアコンを取り付けるのに、1時間半~2時間半程度を見ておけばよいということになります。

エアコン取り付け工事の日は予定をいれないほうがよい

エアコン取り付け工事の標準工事は、1時間半程度で終わりますが、家の状況によっては、標準工事の内容だけでは、エアコンの取り付けが難しい場合があり、追加工事が発生してしまう場合があります。追加工事が発生してしまうと当然、時間もかかりますので、1時間では終わりません。追加工事が発生するケースは、いくつかあります。よくあるのは、室内機と室外機の設置場所が1階と2階で、4ⅿ以上距離が離れている場合、配管を延長する作業が発生します。また、室外機を家の外側に設置できない場合、天吊りや屋根置き、壁掛けにする必要があります。そして、オプション工事でも追加作業が発生します。エアコン専用コンセントがない場合は、コンセント開設作業が必要ですし、配管の見栄えが気になるのであれば、化粧カバーの設置が必要です。このように家の状況やオプションなどによって追加工事が発生する場合があり、時間もそれだけ多くかかりますから、エアコン取り付け工事の日はなるべく予定を入れないほうがよいでしょう。

エアコン取り付け工事は、標準工事で問題なく終われば、1時間ほどで終わることもありますが、トラブルがあった場合やオプションを追加すると時間がかかってしまいます。また、エアコン取付業者のほとんどは、時間指定での工事を受け付けしていません。これは当日になって追加工事が発生することも多く、時間を想定するのが難しいからです。こういったことからも工事当日は余裕をみて他の予定を入れないようにしたり、エアコン設置にあたって事前に不安なところがあったりすれば、エアコン取り付け業者に相談してみるのもよいでしょう。

エアコン取り付けをDIYで。その方法と、メリットデメリットを解説します

エアコンエアコンを買い替え引っ越しして新居に取り付ける際、気になるのが取り付け料金ですね。新規で購入する場合、本体価格だけなら予算内だけれど、取り付けも含めると高いと感じることもあるでしょう。引っ越しの場合も、ただでさえ何かと費用のかかる引っ越し、自分でできることは自分でやって出費を抑えたいですよね。少し電気工事に心得のある人なら、エアコン取り付けも自分でやってみようかなと思われるかもしれません。実際、業者に依頼せず自分で工事をすることは可能ですし、資格なども必要ありません。このサイトでは、DIYでエアコンを取り付ける際に必要なものと流れ、またDIYで取り付けるメリットとデメリット、最後にDIYで作業すると安くつくのかどうかを説明します。

DIYで取り付けるのに必要なもの

DIYでエアコン取り付けを行う際に必要なものは、作業環境によっても異なりますが、ドライバー、ペンチ、モンキーレンチ、六角レンチ、スパナ、パイプベンダー、トルクレンチ、電動ドリル、真空ポンプ、脚立、パイプカッター、フレアツール、コアドリルです。普段から電気工事に関わっている人でなければ、家庭用の工具の中には含まれないものもありますが、すべて買いそろえなくてもレンタルすることができます。その他に、業者に依頼する場合であれば持ってきてくれる部材として、配管パイプ、ドレンホース、プラブロック、化粧カバー、配管テープ、貫通スリーブ、エアコン配管用パテ、電線、ボードアンカーも購入して用意する必要があります

取り付けの流れ

まず、説明書をよく読み、手順を確認しましょう。その後は、壁に背板を取り付ける→配管の設置→室内機を背板に取り付ける→室外機の設置→配管や配線の接続→ポンプを使い配管内の空気を抜く(真空引き)→ガスが漏れていないか確認→ガスを開放する、という流れになります。

DIYで取り付けるメリット

専門業者に依頼せず、自分でエアコンを取り付けるメリットとしては、業者を選択して見積もりを取り日時の予約をするといった手間が必要がないことが挙げられます。特に引っ越し繁忙期は、希望の日時に取り付け作業をしてもらうことが難しいこともあり、休日に自分でつけてしまいたい人もいるでしょう。また、料金は道具代だけで済むことや、知らない人を家に上げたり、エアコンクリーニングなどについてとやかく言われたりしたくないという人にもメリットがあると言えます。

DIYで取り付けるデメリット

DIYで取り付けるデメリットとして、一番大きいのは、工事がうまくいかなかったりその後不調が出たりしてもすべて自己責任であり、保障がないということです。そして、一度自分で工事してしまうと、同じエアコンをその後業者に依頼して作業してほしいと思っても断られることも多いので覚悟が必要です。また、当然のことですが自分で作業する手間と時間がかかります。

DIYだと安くつく?

上述のメリットとデメリットを踏まえた上でDIYで行う場合、では、実際にDIYだと業者に依頼するより安くつくのでしょうか?普段から電気工事を行っている人ではなく、一般的な家庭用の工具しか持っていない人であれば、大まかに言って機材のレンタルに9000円程度かかり、その他に配管パイプやドレンホースなどの部材が6000円ほどかかります。そうすると、合計で15000円程度かかりますから、業者に依頼するのとあまり費用が変わらないということになります。しかし、引っ越しで複数台一度に設置する場合であれば、機材のレンタルが一度で済みますから、合計すると安くつくことになります。メリットとデメリット、DIYの場合にかかる費用を勘案して、後悔のない納得いく方法でエアコンを取り付けましょう。

エアコン取り付けの費用はどれくらいかかるのか

エアコンの寿命はおおよそ10年だといわれています。もちろん、それ以上使えることがないわけではありません。しかし10年以上前に製造されたものの場合、省エネ性能がいまのものよりかなり劣っています。思い切って取り換えた方が、トータル的なコストは安くなることもあるでしょう。そうなると、気になるのがエアコン取り付けにかかる費用です。通常エアコンは、部屋の高い位置に取り付けますし、真空引きなどの工程もありますから、プロに任せるのが一般的です。しかし、プロに任せた際に、費用の面でもめることがあるのも事実です。ここでは、エアコン取り付けにかかる費用と、トラブルの原因になりがちな事例をご説明します。

エアコン取り付けを頼める業者は

エアコン取り付けを頼むときに、考えられるのは、販売店、エアコン取り付けの専門業者、引越し業者です。まず最も多いのは、販売店で買ってそのまま取り付けまで依頼する、販売店がエアコン取り付けをするパターンではないでしょうか

この場合、家電量販店などですが、販売店はエアコンの代金にエアコン取り付けの費用を含めてセットで販売しています。古いエアコンの引き取りまでをサービスとしていることもあり、エアコンを新しく取り付ける際には、このやり方が便利でしょう

また、引越しの際に古いエアコンを新居に持ち込む場合には、引っ越し業者にエアコン取り付けまで依頼することもできます。しかしこの場合には、大家の意向によっては、新しい家でのエアコン取り付けが許可されないこともあります。

費用の面で考えても、古いエアコンのクリーニングやメンテナンスに、別途料金がかかる可能性も考えられます。きれいにしたエアコンに冷却ガスを入れ、また費用をかけてエアコン取り付けを依頼するくらいなら、新規で購入した方がメリットが多いこともあるでしょう。

最後に、エアコン取り付けを専門とする業者に依頼するパターンですが、これはときどき、両者の認識不足からトラブルになる例が見られます。何が問題なのか、エアコン取り付けにかかる費用を考えながらご説明します。

エアコン取り付けにかかる費用とは

費用ネットショップなどでエアコンを買い、専門業者に取り付けを依頼する例が増えています。おおよその相場では、一台につき10,000円から15,000円と考えておけばよいでしょう。

しかし実際にエアコン取り付けに来てもらうと、費用はこれだけでは済まないことがあります。トラブルになることもありますが、一概に業者が悪いことばかりではありません。たとえば古いエアコンがあった場合には、その取り外し費用から、処分料が余分にかかります。また、室外機の置き場によっても費用は変わります。たとえば、二階の部屋に設置したエアコンの室外機を、一階に置く場合には、それらをつなぐ配管を長くしなければいけません。

通常業者では、配管は4メートルまで無料としているところがほとんどです。したがって、その長さをこえると、費用も割り増しになるのですが、エアコン取り付けの当日にきかされても困惑するばかりでしょう。また、ほとんどのエアコンには、専用のコンセントが必要となります。通常のコンセントは100Vですが、エアコンが正しく稼働するためには、より高い電圧がいるからです。そのため、専用のコンセントがない部屋にエアコン取り付けを依頼した場合は、まず環境を整えるための工事を済ませなければいけません。

このように、エアコン取り付けには時として、客の側が想定していない問題が起きることがあります。不要なトラブルを避けるためにも、エアコン取り付けの費用については、前もって見積もりを取っておくことが大切です。